Virage_Home

W126 300SE MT化

Virage Old and Neo Classic Car

W126 300SE MT化

こういう風景がデフォルトになりつつあります。

W126 300SE MT化

見てください。コンソールの裏側はタバコの灰やら埃やらでえらいことになっています。

W126 300SE MT化

エアコンのドレインパイプが崩壊しています。

また、センタートンネルの防振剤も浮いて剥がれてきています。こういうところを全部やり直せば車がパリッとするでしょうね。

今なら純正の防振シートではなくアレを使います。

W126 300SE MT化

ATのシフターにさよならして要らない配線やケーブル類を外していきます。

W126 300SE MT化

この位置にあるエキスパンション・バルブ。ベタベタとオイルが漏れた様子。この機会に替えてしまうほうがいいでしょう。

エアコンが効いていなかったこのお車。MTへの換装だけであればダッシュ全バラの必要はなさそうですが、この際エヴァポレーターも交換しておいたほうがいいでしょう。

ボルトやビスを緩めると、そこが過去に分解されたものであるかどうか分かりますが、このお車はそういう部分が非常に少ないです。

とても良いコンディションが保たれているようです。

投稿日:2013/10/22