Virage_Home

W201 190E 2.0 販売車両

Virage Old and Neo Classic Car

190E 販売車両

80’sのメルセデス・ベンツのAT車両に乗っていて、Dにシフトするとエンジンの前の方からカタカタゴトゴトと結構な音と振動が伝わってくることがあります。

特に冷間時に顕著ですが、温まってからも、ストップ&ゴー時にゴトゴトと同じような症状が出ます。

「ウォーター・ポンプだ」という誤診で直らなかったという話も今や昔の話。

コレがダメになると出る症状です。

M104の後期ではダンパー無しのバネだけのシンプルなものに変更されたことを考えると、この凝ったテンショナーはオーバー・クオリティーだったのかもしれません。

ただ、いわゆるサーペンスタイン(一本ベルト)は偉大なる発明だったと思います。

190E 販売車両

これって液体封入でしたっけ?

190E 販売車両

これで快適に乗れます。

190E 販売車両

と、思ったものの、この車両を販売します。

予定より早く例のFORDのアフォ・バンが到着することになったためです。

そちらに予算をまわさなければなりません。

190E 販売車両

この色大好きなのに・・・。

190E 販売車両

内張りは4枚共にこのコンディション。

190E 販売車両

シートも良い状態です。

190E 販売車両

走行距離に偽りがないことを内装のコンディションが証明します。

外気温度計の液晶もクリーンです。

190E 販売車両

そもそもATがズルズルの状態で手に入れた後、当ショップに転がっていた中古のATに載せ換えてあります。

MTに載せ換える予定だったので取り敢えずの処置です。普通に走りますが、本当にW201を味わいたい方にはリビルトのATをご用意します。

また、MTに載せ換えや、日本では見たことが無い右ハンドルで16Vエンジンへの換装のベースにも良いでしょう。

追加の作業や、リクエスト等お問い合わせくださいませ。

 

W201は走行距離が多くともしっかりとしたものが多いですが、やはり走行距離が短くてシゴかれていないモノは良いですね。

「カッチリ感」が違います。

ホントは売りたくない。トホホ・・・。

投稿日:2013/12/17