Virage_Home

VW Golf Mk1 エンジンO/H

Virage Old and Neo Classic Car

燃料系のO/Hはさっさと終了していますが、下の画像のインジェクター・ブッシュが外れません。

Golf mk1 エンジン 修理 Kジェトロニック

やっと外れたものの、

Golf mk1 エンジン 修理 Kジェトロニック

吸気ポートはカスが堆積していたのでヘッドを剥がすと、下の画像のような有様です。

Golf mk1 エンジン 修理 Kジェトロニック

Golf mk1 エンジン 修理 Kジェトロニック

取り敢えずインジェクター・ブッシュのスレッドと吸気ポートをきれいにして、

Golf mk1 エンジン 修理 Kジェトロニック

カム山はご覧の通り。

Golf mk1 エンジン 修理 Kジェトロニック

バルブシムもご覧のような有様。

Golf mk1 エンジン 修理 Kジェトロニック

シリンダー内をクリーニングすると、

Golf mk1 エンジン 修理 Kジェトロニック

このような感じです。

Golf mk1 エンジン 修理 Kジェトロニック

VWはあまり縁が無いので部品の調達に不安がありました。

GTI用はアフターマーケット製を含めて多くの種類の部品の供給がありますが、非GTIのものは中々厳しい様子。

全てGTI用にスワップしようかとも考えましたが、持ち前のネットワークを生かして新品純正オリジナルオーバーサイズのピストンとカムを見つけました。

そのドイツのショップは安易にGTI仕様にしない心意気を買われたのか、代理店契約をする運びになりました。

ただ、彼らが期待するほど当社でVWの扱いが多くなるとは思えませんが。

 

長期不動保管(このゴルフの場合20年間)されていた個体ではこういうことが珍しくありません。

燃料系をパッパッとO/Hして、安く仕上げてバッテリー繋いでGO!とはいきません。

 

投稿日:2018/07/10