Virage_Home

W114の裏側

Virage Old and Neo Classic Car

W114

 

先日の画像のゴムの屍(パーツリスト215番)はここに居ました。

W114

 

フロントウィンドー下部のモールを外すとこんな感じです。

W114

 

W114

 

W114

 

この車両は過去モールさえ外さずにリペイントされたようです。
昔はよくありましたねこういうの。
15だの20万円で全塗装。
依頼者の予算の都合か、施工者のスキルか、まあそんなことはどうでもよくて
出来上がったものの成れの果てはこれです。

画像中の穴が開いているところは、本来モールを留めるためのクリップがリベットで
留められています。

W114

 

W114

ご覧の通り、こういう部分にはゴミが溜まり易いのです。
ゴミだの埃だのは雨が降ったり洗車したりすると永く水分を
保持し、錆を誘発するという至極シンプルな話です。

W114でこの辺のお掃除をするには、アルミのカウルやモールを
外さないといけません。
ちょっと力をいれるだけでグニャリと曲がります。
新品の供給は無いと思っていてください。
よほどこういう事に慣れている方以外は止めておいたほうがいいです。
プロにお任せくださいませ。
まあ、プロもいろいろですが。

フロントウィンドーも交換したいですね。
先日W124で有名なショップ様のWEBを覗かせていただいたところ、
オリジナル商品の中に日本製のUVカットガラスがありました。
値段もそんなに高くない。
W114用も数を募ればメーカー様に製作依頼できそうです。
この時代のガラスはUVも何もかも素通しですからね。
今時の女性はUV、UVとうるさいですしね。
UVカットじゃないと後席に座るとか言い出す始末です。
まあ、女性よりもせっかく仕上げたダッシュボードや内装がUVで
痛むことのほうが心配です。

それより何より、いくら塗装やモールを綺麗にしたところで
曇って傷がついたガラスがそのままでは決して全体が綺麗に見えることはありません。
それどころか、他が綺麗であればあるほど綺麗じゃないところが際立つことになります。
結局のところトータルバランスですね。

Virage development
(ヴィラージュ デヴェロップメント)

http://virage.co.jp/

メール: info@virage.co.jp

所在地:兵庫県加東市喜田1丁目3-21

60’s ~ 80’s に特化したヨーロッパ車の整備販売、改造、
アップデート エアコンシステムの開発、
電動パワーステアリングの開発と取付け エンジンスワップ、
トランスミッションスワップ、リストア、チューニング等

 

 

 

 

投稿日:2013/08/02