Virage_Home

W114の表側

Virage Old and Neo Classic Car

W114

 

画像はW114のフロントウインドー下、外気導入グリルです。

w114

 

殆どが右画像のように白くボケて、なんとも貧乏臭く見えますね。
で、左は新品ですかって?

新品の供給はまだありますが、国内定価 \36,645 と結構な値段の上、
また白ボケてしまうことは確実です。
それにこの部分だけではなく、窓の回りは全部同じ素材に同じ処理なもののため
対策を色々と考えていたわけです。
全部新品にすればとんでもない値段になってしまいます。
しかし、ここがボケてるのとピカピカに輝いているのでは
菅井きんと麻美ゆまほどの差があります。

W114

画像左側はオリジナルを再生したものです。
オリジナルのアルマイトを剥離した後、再びアルマイト処理し、
その上に特殊なコーティングをしたものです。
アルマイト処理技術の向上及び、特殊な表面処理が
メルセデス・オリジナルを凌駕する耐久性を実現すると期待できます。

W114

グリルの下に敷かれるメッシュ・スクリーンも同様の処理です。

W114

外気導入部のお掃除(汚いですよ。茶色い水溜りになってるものもあります。)
も含めて、まずはここから始められてはいかがでしょうか?

ウィンドー周りのモールも含めて価格の設定中です。
ご興味お有りの方はお問い合わせください。

※土曜日は殆ど外出していますが、事前にご連絡いただければ
対応させていただける場合がございます。ご相談くださいませ。

Virage development
(ヴィラージュ デヴェロップメント)

http://virage.co.jp/

メール: info@virage.co.jp

所在地:兵庫県加東市喜田1丁目3-21

60’s ~ 80’s に特化したヨーロッパ車の整備販売、改造、
アップデート エアコンシステムの開発、
電動パワーステアリングの開発と取付け エンジンスワップ、
トランスミッションスワップ、リストア、チューニング等

 

 

投稿日:2013/07/31