Virage_Home

フェラーリ 328 インテーク周り

Virage Old and Neo Classic Car

フェラーリ328 Kジェトロ修理

先日発覚したポート内のカーボン&スラッジの除去作業。

まだ少し残っていますが、それはエンジンを回してから秘密兵器を駆使してぶっ飛ばします。

フェラーリ328 Kジェトロ修理

ベタベタのVバンクもクリーニング。

しばらくメルセデス・ベンツに甘やかされてきた身体にはいちいち体勢がキツイです。

メカニック・フレンドリーではございません。しかしお蔭様で普段使わない筋肉が鍛えられるかもしれません。

フェラーリ328 Kジェトロ修理

やはり燃焼室側から見てもこの通り。
4valveのヘッドでKのインジェクターの場合、これはマズイです。

これって、フェラーリ屋さんでは常識なんでしょうかね?

いくらWEBで検索しても日本では一件もヒットしませんが。

まあ、WEBの情報が全てなんてもちろん思っていませんが。

フェラーリ328 Kジェトロ修理

件のインジェクター・ホルダーをポート側から見たところです。

フェラーリ328 Kジェトロ修理

こそぎ落としたら、こんなん出ました。

劣化した燃料が原因なのか、燃調が合っていないままのられたことが原因なのか、その両方なのか。

はたまたインジェクターが傾いでいたことも要因なのか、今となっては知る由もありませんがこのままではいけません。

インジェクターより下流(燃焼室側)だけが汚れているのであれば分かりますが、上流もかなり汚れています。

この場合、ブローバイが原因か、コールドスタートバルブから吹いた燃料が原因なのか。

フェラーリ328 Kジェトロ修理

とにかく洗浄です。

鋳物はメーカーの色が色濃く出ますね。

イタリアのアルミの鋳物は特徴的です。

こういうものを見ると、ウェット・ブラストしたくなりますが今回は我慢です。

フェラーリ328 Kジェトロ修理

サージタンクの汚れの原因を探るため通路を辿っていくと、なんとクーラントのリザーバーの下に

アイドルエアーバルブが隠れていました。いつかのブログで「無し」のバージョンと書きましたが間違いでした。訂正します。

これの作動もチェックする必要があります。

フェラーリ328 Kジェトロ修理

オーナー様のご依頼でスロットルワイヤーの交換。

画像でお分かりのように、フルスロットル時にリンケージがウレタンに干渉しています。

フェラーリ328 Kジェトロ修理

カッターで切り取り、ワイヤー交換終了。

何かで読みましたが、ほつれたワイヤーが鉄線2本だけで辛うじて繋がっていたなんて話もあるようです。

昔からイタリアものはワイヤーとか弱いですね。

今回取り外した古いものをサンプルにmade in Japanで造ってもらいます。

クオリティーはもちろんのこと、タッチも最高のものになるでしょう。しかも安価。

 

当初の予定から大幅にメニューが多くなりました今回の328ですが、10年ぶりにこの車を見てみると当時は思いつかなかったような

アイデアがたくさん湧いてきました。

次回、その辺のことを書きます。

投稿日:2013/08/30