Virage_Home

クラシックカーショップコンセプト

(Old stylish everyday driver without troubles)

いつ頃からか「欲しい車が無い」「走れば何でも良い」ということを良く耳にするようになった。 しかし、彼らに昔は欲しかった車があるかと訊けば「もちろんあった」と答える。 ではそれに今乗りたいかと訊けば「乗りたいがメンテだの故障だのが心配だ」と答える。 そこで、ではそれが故障しなければ乗りたいかと訊けば「そんなことが可能であれば それなりの金額を払ってでも乗りたい」と答える。要するに今はそれなりの金額を払ってまで欲しい車が無いのだ。 もちろん1000万円を超える金額を車に払えるならば現在の新車の中に魅力的なものもある。

しかしそれはあくまでも「one of them」。V8のFerrariくらいなら都心をちょっと走っただけで うんざりするほど自分と同じ車に遭遇するだろう。あのAston Martin DB9ですら六本木を席巻してしまったのだ。 4000万円のRollsであったとしても、ちょっとしたホテルのエントランスの前に数台が重なってしまうことも珍しいことではないだろう。 新車は数年経てば色褪せる。何より飽きるのだ。 それには色々な要素が絡んでいるが、やはりスタイリングが大きなファクターだと思われる。 では、何故古い車が人々を魅了するのか。

自動車のデザインは大きく変わった。生産性や空力特性そしてクラッシャブルゾーンの確保など制約が 大きくなったことは事実だが、何よりそれらの制約に対応するためにデザイナーはペンを捨て、 コンピューターを用いてデザインするようになったことが一番大きな要因であろう。そのためメーカーは 違えども同じようなデザインの車が氾濫した。 そこでヨーロッパのメーカーは差別化を図るために、自社のかつての名車のモチーフを随所に散りばめたのだが、 これは暗に昔のデザインが優れていたことを示しているのではないか。 ミケランジェロやガウディの作品にCADは使われていない。 本当の美しさは数値には現れない。人間の情熱や閃きはコンピューターにはないのだ。

古い車がスタイリングで人々を魅了することは難しくない。しかし実用性に於いて現代の車には遠く 及ばないことは否定できない。趣味としての「古い車」はもちろん今に始まったことではない。 しかしその業界に永く蔓延った「オリジナル至上主義」から脱皮し、現代のテクノロジーや素材を ふんだんに使い、あくまでも「Daily driver」として、クールにさりげなく大人が乗れる車を プロデュースすることがこのコンセプトである。女子供に媚びない、さりげないクールな大人の男の為の車である。 そして「古い車だから」と我慢を強いられることなく、気楽に毎日乗れる車をプロデュースすることが、 現代の技術を投入することにより可能なのである。