Virage_Home

Ferrari 328 フェラーリ 328 フェラーリ308 アップデート

Ferrari 328 ・Ferrari 308 アップデート

Ferrari 328 308 。ここ何年かで初めてのフェラーリとして328、308を購入された方が多いようです。

昔憧れていた自動車を頑張って働いて晴れてオーナーになられた方達です。

明らかに新車のフェラーリを購入される方達の大半とは違い、一台の自動車に対する想いや愛情が深いように感じられます。

新車を購入できる財力をお持ちであっても、328や308を選ばれるでしょう。

もちろん、理由は様々でしょうがやはりあのデザインでしょうか。

私達の世代や少し上の世代ではピニンファリーナと言えばこの時代であり

「一体今のフェラーリの新車は誰がデザインしてんだ?」なんてことを言われる方も多いです。

もちろん、現代の自動車は速く、快適であることは事実です。

が、それと引き換えに失ってしまったものはとても大きかったように感じます。

 

では、328や308を手放しで誰にでも薦められるかといえばもちろんそうではありません。

当時のフェラーリは現代のように正確な作業をするロボットが働いていたわけではなく、多分に手作業の部分がありました。

精度が低いものや、材質の悪いもの、いい加減なアッセンブリング、またバブルの頃によく分かっていない成金が荒く扱い、よく分かっていない整備工場が適当に整備してきたことが加えられてきました。

 

実際にご購入されてみて、最初はガレージに収まっているのを見ているだけで嬉しいのですが、暫くすると

「ここはどうにかならないのか?」

「思っていたほど速くないな。」

「エアコンはもうちょっと効かないかな?」

なんて欲が出てくる方も多いのではないでしょうか?

ショップに訊けば

「そんなモンですよ。フェラーリですから」

なんて経験をされた方も多いでしょう。

 

これらを現代の技術を投入してアップデートしていくメニューを紹介していきます。

328はエレクトロニクスの介入も少なく、欧米ではDIYの対象でさえあります。

然して特別で難しい機能もありませんので他のフェラーリに比べて維持し易いモデルだと思います。

ただ、信頼性に欠ける純正部品の新品をバカ高い値段で買って同じところが再び壊れるのを恐れながらフルスロットルを躊躇うのではなく、

永く維持して存分に楽しめるようにアップデートをしましょうという当ショップの提案です。

◎Ferrari 328 8連スロットル電子制御化

フェラーリ328 8連スロットル     フェラーリ328 8連スロットル

フェラーリ328 8連スロットル     フェラーリ328 8連スロットル

画像は当ショップで扱っているヨーロッパ製8連スロットルです。

ノーマルのKジェトロを取り払い電子制御化します。

 

◎Ferrari 328 電動ファンアップグレード及びPWM制御

フェラーリ328エアコン アップグレード

ハイパワーな電動ファンにより、真夏の都心部でも安心してドライブできます。

もちろん、より多くの電流に対応するために純正のフューズボードを通さずに独立した回路によりコントロールされるため回路が燃える心配もありません。

また、PWM制御により水温に応じた回転数で制御されるため作動時のファンの大きな騒音を低減することができます。

※画像はアルミ製ラジエターに変換されていますが、純正のラジエターにもボルトオンです。

 

◎Ferrari 328 エアコンアップグレード

フェラーリ328エアコン アップグレード

サブクール・コンデンサーをワンオフ製作して、ラジエターの前方に設置。

エキスパンション・バルブ及び配管、ホースに至るまで全てワンオフ製作。

コンプレッサーはロータリー式に換装。

純正のシステムに比べ飛躍的な効率の向上を実現します。

 

◎Ferrari 328 電動パワーステアリング

フェラーリ328 電動パワーステアリング

フェラーリ328 電動パワーステアリング

操舵が軽くなるのはもちろんのこと、路面からのキックバックの低減、直進安定性の向上にも寄与します。

車速感応式であるため、低速時には軽く、高速時には重くなります。

またボーナスとして、純正の乏しい支持部剛性を向上することができるため、揺するとグラグラするステアリングコラムがしっかりします。結果確かなステア・フィールを得られます。

ダッシュの下に全てすっきり収まる構造です。

※新規製作品のためオリジナルのステアリングシャフトはキープしていただけます。よってオリジナルに戻すことも可能です。

 

◎Ferrari 328 フューズボード撤去及びPDM化

フェラーリ328電装

MoTec PDM30

何度修理しても再び焼けてしまうフューズボードとはお別れしましょう。

フューズ・ボードを撤去してPDM30を設置すれば、くだらない接触不良やトラブルに苛まれることはもうありません。

 

◎Ferrari 328 カーボンファイバー製エンジンフード

※coming soon