整備記録一覧のトップ > 2019年 > 2019-05-25投稿

投稿日:2019-05-25 (土)

W109 300SEL 6.3 transmission


オリジナルのフルード・カップリングを用いた旧型のトランスミッションを現代のトルクコンヴァーター式のトランスミッションにスワップするための必需品です。オリジナルは全く構造が違うため何も互換性がありません。これらの部品は同系列のエンジンブロックを使用する、あの車種の純正品です。





W109 300SEL 6.3 restomod EFI




よくこんなものの新品が手に入ったものです。さすがメルセデス・ベンツです。





W109 300SEL 6.3 restomod EFI





これはさすがに中古品を手配しました。





W109 300SEL 6.3 restomod EFI




といっても、これがもちろんそのまま使えるわけではありません。あのM100用の巨大なベルハウジングに合う現代のトランスミッションがあるわけがありません。では、6.9用の3速のトランスミッションをスワップすることに、今更何の意味がありましょうか?





W109 300SEL 6.3 restomod EFI




このアダプタープレートは、あくまで3Dスキャンによるデータ取りのためだけに用意したものです。これをベースに新しいトランスミッションのベルハウジングに合わせたアダプタープレートをジュラルミンの塊から削り出します。





エンジンだけがアップグレードされても、トランスミッションが鈍間だと、なんともちぐはぐなゲテモノになってしまします。


最近の投稿