整備記録一覧のトップ > 2019年 > 2019-05-26投稿

投稿日:2019-05-26 (日)

3Dプリンターによる複製品製作事業


当社の3Dプリンターです。





内装の生産終了部品の複製です。





今回はABS樹脂のフィラメント(黒色も有り)を使用して、そのまま使用します。





3Dプリンター ワンオフ 自動車部品 生産中止部品再生




3Dスキャナーでデータを取得後、3Dデータに変換して入力します。





ABS樹脂ですので、そのまま製品として使用できます。目に見える部分でスムースなフィニッシュが必要な場合は、積層跡を研磨することも可能です。





また、これを元に各部の寸法を変えた3Dデータを作成して例えば「縦だけ5.5mm伸ばした」部品の作成も可能です。





3Dプリンター ワンオフ 自動車部品 生産中止部品再生





https://youtu.be/VvnprMddaSA




当社では主に電動パワステやエンジンハンガー等のモックアップとして活用していますが、





今後はアルミ鋳造やコンポジット(カーボンファイバー、グラスファイバー)用の型に活躍することになるでしょう。





今回の例のように、廃版になったり、壊れた内装の樹脂部品の場合、原形があればそれをスキャンして複製できるものもあります。


最近の投稿