整備記録一覧のトップ > 2019年 > 2019-05-26投稿

投稿日:2019-05-26 (日)

W109 300SEL 6.3 エンジン電子制御化考察


無事降ろしたこのエンジン、何と怒涛の339kgのウェイトを誇るらしいです。





「らしいです」というのは当社のハンガースケールが不調で、自分で測ったものではないからです。因みに、それが補器類をフル装備の上でのものなのか否かも分かりません。(多分無し)





いずれにせよ「とても重い」という事実は変わりません。





W109 300SEL 6.3 restomod M100 removal EFI MoTeC 電子制御化




因みに、同じくメルセデス製M117(5,600cc V8)はAC、オルタ、KE-Jetのユニットが無い状態で276kg。GM製LS1は6,000cc V8で207kgとのこと。





W109 300SEL 6.3 restomod M100 removal EFI MoTeC 電子制御化




電子制御化すると、





W109 300SEL 6.3 restomod M100 removal EFI MoTeC 電子制御化




Vバンクに鎮座する、片手で持つとワナワナするほど重いこのメカニカルポンプ(通称メカポン)が不要になります。





W109 300SEL 6.3 restomod M100 removal EFI MoTeC 電子制御化




撤去するとザックリこうなります。





W109 300SEL 6.3 restomod M100 removal EFI MoTeC 電子制御化




Vバンクはスッカラカンです。





W109 300SEL 6.3 restomod M100 removal EFI MoTeC 電子制御化




フロント周りの点火系も、





W109 300SEL 6.3 restomod M100 removal EFI MoTeC 電子制御化




さようならします。さらにまだ刺さっているデスビ(123ignition)もさよならしてカムアングルセンサーが取って代わります。





W109 300SEL 6.3 restomod M100 removal EFI MoTeC 電子制御化




空いたVバンクには8気筒分のコイルパックを設置します。





W109 300SEL 6.3 restomod M100 removal EFI MoTeC 電子制御化




プラグコードの取り回しを考えます。





それを狙ったわけではありませんが、エンジン回りだけで10kgレベルの軽量化が実現します。





更に、スペースが空くことにより、雰囲気温度の低下も期待できます。もちろん電子制御化の一番のメリットはメンテナンス・フリー化と、エンジン自体がそもそも備えているパフォーマンスを引き出してあげることです。





ってな感じでああだのこうだのを考察するのでした。





一番楽しく、一番手間のかかる作業です。







最近の投稿