整備記録一覧のトップ > 2019年 > 2019-11-30投稿

投稿日:2019-11-30 (土)

MERCEDES BENZ S123 アップグレード


全貌は徐々に明かしていきますが、まずは現在進行中のメニューからご紹介します。





オリジナルのS123のメーター裏側です。機械式の速度計がとある事情で使えなくなるため、電子式のものをスワップします。





S123 レストア エアコン アップデート




これがその電子式のものの裏側です。





もちろん、ボルトオンとはなりません。





S123 レストア エアコン アップデート




それぞれのカバーを3Dスキャンしてハイブリッドを3D CADで製作した上で実際に3Dプリンターでプリントアウトしたものが下の画像です。





S123 レストア エアコン アップデート




S123 レストア エアコン アップデート




当社の積層型ではなく、オーナー様ご所有の光造形型プリンターによるプリントアウトです。きめ細やかさでは積層型は遠く及びません。今回は画像のような半透明状の造形ですが、もちろん色を付けたものも製作可能です。それなりの精度が求められる部位ですが、全く問題のない仕上がりです。





仮付け。ドンピシャです。





S123 W123 レストア エアコン アップデート




画像はS123のオリジナルの速度計ですが、この文字盤の意匠とサイズをそのままに、新しい電子式の速度計に合わせて新規に製作します。





S123 レストア エアコン アップデート




市販の後付けの電子式速度計を適当に装着すれば安価でさっさと終了する作業でしょうが、一番目に付く部分でそんなダッサいことは死んでもしたくありません。例えコストや手間が掛かろうとも、違和感無く、さり気無く凝ったことをするのが当社の信条であります。





また全てをトータルでデザインしたオリジナルのデザイナーに失礼が無いように心掛けています。





センスもないのにその車に「自分のデザイン」をブッこむほど自惚れてはいません。極力オリジナルの見た目を尊重したいと思います。


最近の投稿